泳ぎ方ガイドホーム

泳ぎ方ガイド

皆さんは泳ぐことができますでしょうか?日常生活において水泳ができないからと言って特に困ることはないかと思います。しかし、友人とプールに行ったりグループで海に遊びに行く際には、泳げないと誘いを断ったり現地で恥ずかしい思いをするかもしれません。

水泳は育った地域でも得手不得手があるようです。海の近くで育った方は小さなころから水に入って遊ぶことに慣れているため、水泳の技術も比較的身に付きやすいようです。しかし反対に海も川もない地域で育った方、もしくは寒い地域で育った方は日常的に水と触れ合う機会が少なく、泳げなかったり水に入るのが苦手だという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

水泳ははるか4大文明が栄えた時代からあったようです。しかし初期ではスポーツという感覚はなく、海や川に生息する魚介類や海藻などを取る手段として使用されていたようです。そのためには早く泳ぐと言うよりは深いところまで潜るという技術が重宝されていました。

昔の絵画や彫刻にも、水泳を行っている様子を表現されたものが多く残っています。日本史で水泳に対する最古の記録は、古事記や日本書紀に記されています。また、万葉集には海女さんが海中に潜って漁をするという記載もあるため、日本でも昔から水泳は行われていたようです。

江戸時代に入ってからは武術として様々な泳ぎ方が生まれました。そしてその泳ぎ方は現在にも残っています。現在では基本的にクロール、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎの4つが代表的な泳ぎ方となっています。

当サイトでは、この4つの泳ぎ方を中心に水泳方法を紹介させていただいています。水に顔を付けるのが怖いという方から、基本的な泳ぎはできているつもりだという方まで、幅広い方に利用いただければと思います。

綺麗に泳ぐことができなくても形だけできていれば、友人とプールや海に遊びに出かけることができます。夏を楽しく過ごすためにも、当サイトをご覧いただき泳ぎ方のコツをマスターしましょう。


沖縄 ダイビング